まぐろ漁船の仕事はかなり大変~想像よりも仕事がきついまぐろ漁船~
 
☆★☆Welcome☆★☆



まぐろは日本人であれば大半の人が好きな魚と言えるのですが、そんなまぐろを取る為の仕事がかなり大変である事を知っているでしょうか。

まぐろ漁は1度沖に出ると1年前後戻ってこられなくなりますし、ずっと海の上にいる訳ですから、常に仕事をしているような状況が続いているのです。

休憩中であっても海が荒れてきてしまえば、乗組員全員で乗り切らなければいけませんし、海が特に荒れていない状態であっても、労働時間は大体1日10時間以上は当たり前の状況がずっと続いています。

しかも1年前後の期間小さな船で過ごす訳ですから、環境が整っている訳でもありませんし、必要最低限の荷物しか積んでいないという中での生活が続く事から、現在では近海でマグロ漁を行う人の方が多くなっているのが現状です。

しかし、近海でマグロ漁を行っている場合には、当然人を雇うほどの余裕はありませんし、普通の漁よりは儲かると言っても、遠洋漁業ほどではありません。

更に遠洋漁業でも昔ほど大金を稼げる事はなく、現在では最盛期の半分ぐらいの給料しか貰えなくなっている事から、日本人ではなく外人を雇うような遠洋漁業も増えてきている状況です。

働いた労働時間と給料を見ていると、一般的なサラリーマンと変わらないというのが現在のまぐろ漁船の仕事です。

■□記事一覧□■

まぐろ漁船は名産地で求人を出す事が多い

まぐろ漁船の世界は実力が重要視される

まぐろ漁船で取る事ができる魚の種類

昔からまぐろ漁で使用されている延縄漁

まぐろ漁船でまぐろを取る時に使用されるエサ

まぐろ漁船のアルバイトは儲かるのか

まぐろ漁船のアルバイトに必要な条件

まぐろ漁船のアルバイトを探す方法

まぐろ漁船で起こる可能性があるトラブル


Copyright ©まぐろ漁船の仕事はかなり大変Allright Reserved.